セッションを希望される方へ 必ずお読み下さい


カンテ・イスタで行う過去生回帰とそれに伴う各セッションは、潜在意識にアクセスしてそこから様々な学びや気づきを得、より良い人生を歩む為の手がかりを見つける、いわば『自己啓発』の為のものです。精神疾患(躁鬱・恐怖症・気力の減退等も含む)や体調不良(病状の回復や治癒等)の改善を目的とするものではありませんので、ご注意ください。

それに伴い、現在精神科や心療内科で医師の治療を受けていらっしゃる方や通院歴のある方のセッションは、医師の治療の妨げになり得る場合もあるためにお断りさせていただいております。ご了承ください。

また、精神科・心療内科への通入院歴が無い場合でも、心身の不調(鬱の症状等)が数ヶ月〜数年以上続いている方、リストカット等の自傷行為をされたことのある方やそれが現在も続いている方のご予約はお断りさせていただいております。

セラピーには各々のカバー領域、ケースによっては優先すべき事項があります。素人判断せず、まず最初に専門医の診察・治療をお受けになってください。



「最近特別な理由もないのに、無気力で何もしたくない・・・」という方は必ずチェックしてください。


 
  ・誰とも会いたくないし、話したくない。もしくは人と接することに対して

   不安や恐怖を覚える。 

  ・「死にたい」「死ねば楽になれるのかな」等、死についてよく考える。

  ・些細なことに対しても判断や決断ができない。

   またはその感覚が鈍ってきたと感じる。

  ・最近感情の起伏が激しすぎると感じる。もしくは感情の起伏がまったくない。

  ・家族や周囲の人に「最近目に生気がない」等よく言われる。

   もしくは自分でもそう思う。

  ・突然理由もなく強い不安感や恐怖感、絶望感に襲われる。

  ・外見にまったく気を使わなくなった(女性の場合メイクをしなくなった・

   する気力がない等、「どうでもいい」と思う)

  ・常に誰かから見られている気がして(誰かから見られていると)、

   その視線が必要以上に気になって仕方ない。又は苦痛で耐えられない。

  ・他人と視線が合うことに対し、恐怖感や苦痛を覚える。

   またはどうしても他人と視線を合わすことができない。

  ・自分の一挙手一投足を常に他人から”監視”されているように感じて

   (”監視”されていて)苦痛になる。

   又は自分の行動を他人がどう思っているか常に気になって仕方ない。

  ・自分の言った言葉が人を傷つけるのではないかと気になって、

   他人と話すことが怖い。


上記のことに当てはまるものがある場合、特に一ヶ月以上もこのような状態が続いているのならば『鬱』やその他の精神疾患である可能性も考えられます。もしくはバセドウ氏病のように、ホルモンや神経系統の疾患から表れる症状(気力の減退等)という場合もあったりします。さしあたって、内科の診察も行う心療内科を受診してみてもいいでしょう。

専門医の診断・治療を受けることをお薦めします。おそらくこのような状態を何とかしたいと思ってヒプノセラピーを希望されるのだと思いますが、これはヒプノセラピーでカバーできる領域ではありませんし、『本筋』ではありません。ヒプノセラピーはあくまでも『意識』に焦点を当てるものです。

今あなたが本当に必要なのはヒプノセラピーで自分の意識に触れる事ではありません。このような状態でヒプノセラピーを受けても効果はありません。

まずするべき事は自分の心や精神をケアしてあげることです。『心が風邪を引いている状態』だと思ってください。命取りの『肺炎』になる前にぜひ専門医の診察を受けてください。

専門医にかかることは何も恥ずかしいことではありません。以前と違って社会全体の意識も変わってきています。躊躇うことはありません。自分に今必要なものは何なのか・・・それをよく見極めてください。


カンテ・イスタで行うヒプノセラピーは、意識の向上、自己の気づきや成長等、『自己啓発』を目的とするものです。

「鬱(状態)から抜け出したい(気力の減退や自殺願望等)」「神経症や恐怖症を改善したい(人と接することや視線が怖い・過食症を治したい等)」ということを改善するものではありません。

上記のような理由でヒプノセラピーを希望される方は、まず心療内科や精神科の医師の診察を受けることをお勧め致します。
診断の結果、ヒプノセラピー等心理療法の必要性を認められた場合、その医師の監督の下で療法(治療)をお受けになってください。




またセッションを希望されていても、以下のような場合は事前カウンセリングの段階でお断りさせていただく場合があります。

・現在精神科や心療内科で通院治療の最中であることが判明した場合(特に重度の精神疾患等)、もしくはその事実を隠していたことが判明した場合
・通院治療中でないにも拘らず、明らかに精神疾患の兆候が見られると判断した場合
・悩みや問題の質が、明らかにヒプノセラピー本来の目的から大きく外れていると判断される場合、もしくはヒプノセラピーでは解決できない質の内容であると判断した場合。
・セラピストへの言動が理由もなく、また必要以上に攻撃的且つ敵意が感じられる場合や暴言が著しい場合
・目的もなく、不真面目なただの『ひやかし』行為であると判明した場合
・病気の治療を目的としている場合
・現在妊娠中の方(妊娠の疑いのある方も含む)
・過去に精神科及び心療内科への入院・通院歴がある方、またその事実を隠していたことが判明した場合


またこのような方はご予約の段階でお断りさせていただくことがあります。

・予約時のメールに不真面目な印象を受ける時

例:特に意味もなく不必要な絵文字の羅列や、「現在30歳。身長170センチ、魚座生まれです。好きなタイプは・・・」というようにセッションに関係ないプロフィール等を含むメール。


・ご予約時の必須記入内容である、お名前・連絡先・セッション希望日時・セッション内容が記されていない場合。
特に緊急連絡先電話番号が記されていない場合はご予約を受けられませんのでご注意ください。


・予約を希望していながら、それに対するカンテ・イスタ側の日時調整等を打診・確認するメールに対し、2日間以上何の連絡もない時。
ご予約の意思はないものとして対応させていただきます。

例えば、お客様から次のようなメールが来たとします。「○月○日に過去生回帰のセッションをお願いします。」

それに対し、カンテ・イスタでは「時間のご指定がありませんが、その日の14時ではいかがですか?ご都合をお知らせください。」というようなお返事を差し上げます。

例えカンテ・イスタ側で打診した時間が、お客様のご都合に合わない場合でもお手数でしょうが、絶対にご連絡くださるようお願い致します。

正式予約としてお名前を入れてもいいのかどうか判断できずこちらも困りますし、同じ日時を希望されている方がいらっしゃる場合、その方達にもご迷惑をかけることになります。

(最近特に希望時間の指定を忘れる方がいらっしゃいますので、ご注意ください)

精神科・心療内科への通入院歴が無い場合でも心身の不調(鬱状態等)が数ヶ月〜数年以上続いている方、自傷行為(リストカット・アームカット・薬物の使用等全般)の経験があり、現在もその行為が続いている方

*素人判断せず、専門医の診察と治療をお受けになってください。

セッションのご予約を何の連絡もなしに当日キャンセルされた方は、理由の如何にかかわらず今後のご予約は一切お受け致しませんのでご了承ください。



前のページへ  次のページへ

Copyright(C) 2005 Cante-Ista.All Rights Reserved.