ヒプノセラピーの効果とは?〜効果の度合とその速度


1.ヒプノセラピーの効果とは?


ヒプノセラピーは、『催眠』を利用し、無限の可能性を持つといわれる潜在意識にアクセスしてそこから気づきや学びを得る為のものです。

主に潜在意識の中に存在する過去生の記憶にアクセスし、その人生での重要な場面を体験することによって、「その過去生から何を学んだのか、その過去生から今生に持ち越しているもの(一生をかけて学んでいく為の与えられた課題や繰り返す人生のパターンの原因等)は何か、今の人生にどのように影響を与えているのか」等ということを探っていくものだと思ってください。 

   
   ・過去生から得た気づきや学びを知ることにより、違った観点から物事を捉えられるようになる。
    またはそのきっかけになる

   ・過去生で得た気づきや学びを、今回の人生の様々な局面に生かすことができる

『効果』という言い方をするのであれば、まずはこれらの点が挙げられると思います。
しかしあえて言及するなら、「効果はセラピーの過程に存在する」と言ったほうが適切でしょう。 

ヒプノセラピーをはじめ、様々な心理セラピーを受けられる方達の多くは『変化』を求めます。おそらく自分が癒されたという『明確な証拠』がほしいのだと思います。

病気やケガ等で内科や外科の診察にかかった時のように、「熱が下がった。傷口が塞がった」等の分かりやすい、目に見える症状がないからでしょう。
人間は『分かりやすいもの』が好きで、それを求める生き物でもあります。『変化』を望んで当然です。

しかし理解したいただきたいのは、セラピーの主旨は「その体験を通して、自分自身の力で答えを見つけるきっかけになること」です。症状の緩和や変化(解決や答え)を導き出す『自己治癒能力』をアップさせる、ベースになるものだと思ってください。

セラピーは魔法の薬ではありません。「セラピーを受けたのだから、すべて解決するにちがいない」ということではないのです。自分がそこから得たものを教訓にして、今後に生かす努力をした上で、初めて『効果』が表れるのです。何も努力しないうちから効果ばかりを期待するのは『見当違い』というものです。

例えば過去生でとても人間関係の希薄な寂しい生涯を送ったとしましょう。その過去生で学んだ事は「人との繋がりを強く感じられるようになる為に、寂しさを経験すること」でした。今の人生でも同様に寂しい思いをしているのなら、過去生で学んだ事「寂しさ」を解消し、手放すことをしなくてはなりません。人と接することが苦手だとしても、あえて自分からその輪の中に入っていく努力を今する必要があるのです。それは今生に与えられた課題でもあります。

「ふ〜ん、過去生でも同じように寂しかったんだ。でもやっぱり人付き合いは苦手だから・・・」と言った感じで、与えられた『課題』、努力をすることを避けていては何の意味もありません。それこそ『効果』はいつまで経っても表れることはないでしょう。『課題』を達成しない限り、その問題は永遠について回ることになります。これがいわゆる『パターン』といわれるものです。

人によってはセッションの最中から「なるほど。こんな事があったから、今こんな考え方をするんですね」と気づきや学びを早々と得る方達もいます。このような『即効性のある』方達の共通点は、「心が柔らかい」ということだと思います。「心が柔らかい人」というのは、考え方に柔軟性があり、学びや気づきを得てそれを生かしたいという真摯な気持ちがある『自力成長型』の人です。

自分の内部から出てくる声は勿論のこと、他の人の言葉にもきちんと耳を傾けて、そこから必要なものを取り出せる能力がある人と言ってもいいでしょう。こういった方達のその後の『成長』は目を見張るものがあります。セラピーの効果が早く表れる例です。

反面、いつまでも自分の考えや感情にしがみつき、いろいろともっともらしい理由をつけて『逃避する』人にはいつまで経っても効果は出ないと言ってもいいと思います。『効果云々』以前の問題だからです。

ヒプノセラピーの効果とは、セッションから得た気づきや学びを生かす努力をした上で初めて表れるもの、それを生かす意欲の高い人ほど早く得られるものだと思ってください。

   「すべては自分次第」です。

2.ヒプノセラピーの効果はいつあらわれる?

まず、気づきや学び、癒しといったすべての事が『個人にふさわしい速度』で起こると考えてください。

人によっては、それこそセラピーを受けているそばから瞬時にそれらを得るような劇的な変化が起こる場合もあれば、受けた後しばらく経ってある日、以前とは違う感じ方や考え方をする

『新しい自分』がいることに気づいた・・・というような、ゆっくり、じわじわと効いていくようなものであるかもしれません。

例えばヒプノセラピーを受けた後、「この気持ちや感覚は何だろう?」「直接的な事ではないかもしれないけど、こんな事が起こったな」というようなことに思い当たったり、「ほんの少しだけど以前よりその事(人や感情等)が気にならなくなった気がする」といった”小さな変化”に気づくようになったら、それがいわゆる『ヒプノセラピーの効果』だと思ってください。

その効果は自分自身の感情や心理状態はもちろんのこと、行動やシンクロニシティー等を始めとして様々な出来事が起こったり、周囲の人々の態度や環境の変化等も含め、いろいろな体験として表れてきます。

そしてそれらすべてのことは、結果的に意識を含めて自分自身を深く理解することや自己の成長にも繋がっていきます。


ヒプノセラピーの効果を最大限に受け取る為には、自分自身を深く見つめ、セラピーを受けた過程で起こった気づきや学びを積極的に受け取り、それを今後に生かしていこうとする姿勢が不可欠になります。
『受け取ること』に対して、自分自身をオープンにすればするほど、その効果をより一層実感できるようになるはずです。






トップページへ

前のページへ  次のページへ

Copyright(C) 2005 Cante-Ista.All Rights Reserved.