ヒプノセラピーの種類

1.過去世回帰
今生において繰り返される思考や行動パターンの原因や特定の人との人間関係等に問題を抱えている場合等、退行催眠によって影響を及ぼしている過去世までさかのぼりその原因を探ります。単に「自分の過去世を見たい」「あの人(親・子供・兄姉弟妹・恋人・友人等)との過去世での関係が知りたい」という場合にも有効です。

※前世療法と違い、治療等医療目的のものではありませんのでご了承ください。

現在も過去世が存在するかどうかは科学的に証明されていません。しかし潜在意識が顕在意識が覚えていないすべての記憶を持っているといわれています。単なる想像や妄想では?・・・と思う人も多いかもしれません。でももしそれが想像上のものであったとしても、なぜそのイメージがその時、そのタイミングで現れたのでしょうか?それはあなたに送られた意味のあるメッセージだと思いませんか?

実際に過去世に退行してみるとただの想像から出たものとして片付けられないような事実や現象が起きてきます。例えば行ったことも聞いたこともない外国の地名が浮かんできて、それを後で調べてみたら観光地とは無縁の小さな町として実際に存在していたり、ご夫婦で別々にセッションを受けられた方が、まったく同じ過去世を見ていたことが後に判明したり・・・というようなことが多々あります。

でたらめや作り話ということだけで終わらせることができない『何か』がそこには存在するように思います。

過去世を見ることで、そこに現在との因果関係を見出すことで今自分がおかれている状況を落ち着いて客観的に見ることができるようになります。視点が変わると意識の在り方も同時に変化します。それによって様々な気づきが起こり、大きな癒しを得ることができます。

「今回の人生の生まれてきた意味や目的」「現在の自分の生き方に影響を及ぼしている過去世」「ソウルメイトと一緒だった過去世」等、自分が希望するテーマに副った過去世を見たい時に最も適したセッションです。

2.インナー・チャイルド
心の中に存在する子供(幼児性の部分)で、その人の魂の特徴を表すと同時にコミュニケーションを司ると言われています。恐れや怒りなどネガティブな感情や人間関係のトラブルには、インナー・チャイルドが深く関わっています。

「意味もなくイライラしてしまう」「優柔不断で、なかなか物事を決められない。迷ってしまう」「他の人が気になる」「感情のコントロールができなくなる時がある」「子供の頃にいじめに遭ったことがある」「家族から心身共に虐待を受けた経験がある」等の場合、インナー・チャイルドにその原因があることが多々あります。

子供の頃に家族や周囲の人達に言われた言動に傷ついた感情の記憶がその後の自分の人生や性格の『枠=制限』を作ってしまっているのです。インナー・チャイルドの存在をそのまま放置しておいた場合、同様のパターンを延々と繰り返すことになるだけでなく、家族を含む周囲の人達(特に自分の子供)に同様の事をして傷つけてしまう可能性も出てきます。

大人の自分が、子供の自分に会いに行き、その子の傷つき満たされなかった感情や訴えを認め、受け入れ、愛し、癒してあげることで本来の自分を取り戻し、明るく前向きに人生を歩んでいくことができるようになります。

インナー・チャイルドはエネルギーとして扱い、それを子供としてイメージするために子供の頃の自分と同じ姿で現れるとは限らず、性別も人種も違う場合があります。インナー・チャイルドと出会うことは、虐待やいじめ等の嫌な記憶や感情を追体験するということではありません。

当時子供だった自分が感じていた気持ちや欲求、『ぶつけたかった言い分』を大人の自分が耳を傾けてあげる機会をつくることと解釈いただければいいと思います。『インナー・チャイルドの抑え、溜め込んでいた感情を吐き出させてあげること』が、このワークの最大の目的です。

人によっては過去世回帰よりも強い感情を体験することがあります。感情の浄化や開放ということに関しては大変強力なセラピーではないでしょうか。


3.サブ・パーソナリティー(副人格)
一人の人間の中にはいくつもの人格(側面)が存在しています。やさしい自分、怒りっぽい自分、優柔不断な自分・・・このような側面をサブ・パーソナリティー(副人格)と呼びます。

サブ・パーソナリティーの中にはネガティブな存在の者がいて、現時点で抱えている様々な問題の原因となっていることがあります。

そのサブ・パーソナリティーを実在するキャラクターとして設定し、その存在と潜在意識の中で出会い、マイナス部分を認め、訴えに耳を傾けて癒してあげることでその存在をプラスのものに転じます。

4.ハイヤーセルフ
過去生回帰、インナーチャイルド、その他のセッションの流れの一環として行います。
 *『ハイヤーセルフのみ』というセッションは行いません。

『高自我』『大いなる自己』『光の存在』という呼び方もされます。すべての人の中にいる愛・平和・信頼・慈しみ・叡智に満ちた知恵者・賢者のような存在です。そしてその存在こそが『本来の自分=自分の本質』だと言われています。

人によってその姿の見え方は違います。キリスト、仙人のような老人、または眩しい白い光だけ・・・というように様々な姿で現れます。

「ただ自分で想像しているだけかも」と思うかもしれませんが、ハイヤーセルフから受け取る言葉は、普段の自分自身の意識や思考からは絶対に出てくることのないような哲学的で叡智に溢れた含蓄のあるもので、想像という言葉だけでは片付けられない大変高いレベルのものです。

「現在の自分に必要なメッセージ」「今回の人生の目的や使命」「どうしたら仕事で成功できるか」等、高い次元からどんな質問に対しても答えを与えてくれます。

5.未来順行
過去生回帰、インナーチャイルド、その他のセッションの流れの一環として行います。
 *『未来順行のみ』というセッションは行いません。

ハイヤーセルフにお願いして、今回の人生において幸せになれた未来の自分に会わせてもらいます。仕事・生活・人間関係において真に成功して幸福な人生を送っている未来の自分から、さまざまなアドバイスやポジティブなエネルギーをもらうことができます。半年後、一年後、5年後・・・どの未来の自分にも会うことが可能です。

この方法はすでにプロスポーツ選手がトレーニングの一環として取り入れており、絶大な効果をあげていることで知られています。これは未来のヴィジョンを描くことで願望を達成するスピードが加速されるためです。幸せな未来を手に入れるための方法、もしくはトレーニングと言ってもいいかもしれません。

6.その他のセッション
1)体との対話・・・体に長年続く不快な症状(肩こりや偏頭痛等)やなかなか止められない悪習慣(タバコがやめられない、つい過食してしまう等)がある場合、自分が知らないうちに過去または過去世からの影響を大きく受けていることがあります。その症状が大きく関係する過去や過去世の場面に戻ってその原因を探り、またその部分(症状のある器官)を司っているサブパーソナリティーやマスター達(神様のような存在)との対話を通じて症状改善のためのアドバイスをもらいます。

※これは医学的治療を目的とした医療行為ではありませんのでご了承ください。 
 あくまでも潜在意識に潜む原因を探り、

 解決の糸口をやきっかけをつかむためのものです。


2)もう一度会えたら・・・ ・・・すでにこの世を去った愛する人がいる天国に行き、その人と再会します。肉親や友人、飼っていたペット・・・誰でもO.K.です。愛とはこの世を去った後に残していける唯一のものと言われています。愛に満ちた時間を過ごし、大きな癒しを受け取ってください。


3)胎内退行・・・この世に生まれる前、母親の胎内にいた頃に戻ります。ほとんどの方達がやさしくあたたかな心地良い空間に包まれていた頃の感覚を体験します。まだ若かった両親をイメージすることで、あなたが生まれる前にかれらが感じていた様々な感情・・・喜びや期待、不安等を共有することで両親への理解が一層深まります。特に母親が出産時に大きな不安を抱えていた場合、子供にネガティブな影響を与えることがあります。

このセッションによって、そのネガティブな感情の同化を切り離すことができます。必要な時には『エンプティー・チェア(空の椅子)』のワークも行います。

7.カウンセリング

*ヒプノセラピーとは関係のない、純粋にカウンセリングを目的にしたメニューです。


「ヒプノセラピーの事前カウンセリングだけですっきりしてしまった」「カウンセリングだけでもたくさんの気づきを得ることができた」等、ご好評をいただいているカンテ・イスタのカウンセリングですが、多くのリピーターの方達からの強いご要望を受けて、「カウンセリング」を独立メニューとして設けることになりました。
「ヒプノセラピーのセッションを受けるほどではないのだけれど、後押ししてくれる何かがほしい」「今こんなことで悩んでいるのだが、もっと違う角度からの見方ができれば」・・・そのような方にお勧めするメニューです。相談内容等は何でもOKです。ご予約時に、大体の相談内容をお知らせください。 

※カウンセリングメニューに関しても過去・現在共に、心療内科や精神科の入通院歴がある方のご予約はお受けできませんので、ご了承ください。

また、精神科・心療内科への通入院歴が無い場合でも、心身の不調(鬱の症状等)が数ヶ月〜数年以上続いている方、リストカット等の自傷行為をされたことのある方やそれが現在も続いている方のご予約はお断りさせていただいております。

セラピーには各々のカバー領域、ケースによっては優先すべき事項があります。素人判断せず、まず最初に専門医の診察・治療をお受けになってください。




トップページへ

前のページへ  次のページへ

Copyright(C) 2005 Cante-Ista.All Rights Reserved.